赤ちゃんの下痢が長く続く 対処法はあるの?

パウダー

赤ちゃんはよく下痢をします。

消化器官がまだ未熟で消化不良を起こしやくす、

便はいつもゆるく水分も多く含まれ1日6回以上することも珍しくありません。

食欲があり、嘔吐の症状のなく元気な場合の下痢は1週間以内であれば、家で様子をみます。

しかし、機嫌がよく元気な場合でも1週間以上続く場合は、

何かしら異常があるかもしれないので病院へ行きましょう。

赤ちゃんの下痢の原因で考えられるのは、ウイルス性の胃腸炎です。

お腹の風邪と言われ、赤ちゃんの下痢のほとんどがウイルスや細菌によるもので、

急性の場合4~5日程で症状が治まります。

次に、ウイルス性胃腸炎が治っていく過程でかかるのが、二次性乳糖不耐性です。

下痢が慢性化したと思われる場合は、二次性乳糖不耐性の可能性があります。

これは、ウイルスにより腸の粘膜が傷つけられ、

乳糖を分解する酵素が減り、吸収されまいまま発酵してしまいます。

そのため下痢を引き起こします。

ミルクや乳製品を口にすると下痢がひどくなり、体重増加不良を起こすこともあります。

しかし、母乳を飲ませている赤ちゃんはそのまま母乳を続けて問題ありません。

症状を改善するには、ミルクは乳糖を含まないタイプのものに切り替え、

乳糖の分解を助けるミルラクト・ガランターゼを病院で処方してもらいます。

そして、腸の回復を待ちます。

下痢が続く場合のホームケアは大事です。

しばらくの間、糖分を含んだ食べ物、果物、乳製品は控えます。

また、冷たい食べ物や飲みのもの避けましょう。

お腹の温め、胃腸の調子を整え、下痢の間は脱水症状になりやすいので

白湯や麦茶などで水分補給を忘れずにします。

さらに、何度もおむつを交換するので、おしりがかぶれてしまいます。

おむつを替える時はおしりを洗い流して、いつも清潔に保つ

ようにしましょう。

そして、ママの感染を防ぐため、手は水洗いだけではなくきちんと消毒をするか、

おむつの処理の際は手袋をつけるなどしてください。

泣く赤ちゃん

病院へ行く時は、必要であれば下痢をしたおむつを持参し、

下痢の回数や状態をメモしておくといいですね。

赤ちゃんの下痢が続くと心配ですね。

身体が小さい赤ちゃんにとっては体力を消耗し、身体への負担も大きくなります。

そんな時は下痢の症状が治まるまで、できるだけ不要な外出は控え、

お家でゆっくり過ごすようにしましょう。

赤ちゃんのおむつかぶれは可哀想ですよね。

おむつかぶれで悩んでいるママも多いです。

早く治してあげたいですよね。

ひどくなると病院でステロイドを処方されます。

ステロイドは強い薬なので、どうしてもためらってしまうママもいます。

また、赤ちゃんによって合う、合わないという事もあります。

できるなら使いたくないですよね。

一番よいのは、おむつかぶれにならないように

保湿にするなり清潔するなり予防してあげる事です。

とはいっても正直むずかしいとおもいます。

そんなママに強い味方がいます。

「ファムズベビー」というスキンケア製品で母子手帳

副読本にも載っているスキンケア製品です。

お役所のお墨付きみたいなものです。

効果として、赤ちゃんのアトピー、乾燥肌、おむつかぶれ、乳児湿疹、

あせもなど敏感肌を守ってくれます。

他にも、化粧下地、髭剃り後、靴ずれ予防、金属アレルギーなどにも

使える肌の万能薬です。

一家に一つは置いておきたいスキンケア製品です。

お客様の体験談も載っている公式ホームページが

ありますので是非ご覧ください。

また、効果が実感されない場合には、28日の返金保証もついて

いますので、安心です。

「ファムズベビー」はこちら↓ ↓ ↓



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする