赤ちゃんの下痢 その原因は?

おむつ

赤ちゃんの下痢が続くと心配です。

初めての場合や1週間など長い間続くとなると原因も気になります。

もともと赤ちゃんの便はゆるく、下痢と判断するのは難しいようです。

下痢の定義としては、水分が多く1日6回以上の便とされています。

毎日のおむつ替えの時は、便の様子や回数を観察しておくと、

病院へ行った時など役に立ちます。

赤ちゃんの下痢の原因はさまざまです。

そして下痢には、急性慢性があり2週間以上続く場合は慢性と考えられます。

急性の下痢は、ウイルスや細菌にによる感染症胃腸炎、お腹の風邪と

言われるもので胃腸にウイルスや細菌が繁殖することにより起きます。

他にも、突発性発疹、中耳炎、扁桃腺、肺炎などの病気の症状

として下痢がみられ、期間は3~6日間ほどです。

慢性の下痢は、母乳を飲む赤ちゃんによくみられる症状です。

母乳に含まれるビフィズス菌が腸内で正常に働いていると白いつぶつぶが

混じったゆるい便や水のような便が出ます。

このつぶつぶの正体は、母乳中の脂肪分やカリウムのカスです。

通常、母乳はミルクに比べると便が柔らかくなりやすいので心配はいりません。

次に病気として一番多いのが、二次性乳糖不耐性です。

これは感染症胃腸炎にかかった後に、数週間下痢が続くことがあります。

胃腸炎により腸の粘膜が傷つけられ、ミルクに含まれる乳糖を分解する酵素が

減ったことにより、吸収できなくなり発酵してしまいます。

そのため、甘酸っぱい臭いの下痢がしばらく続きます。

二次性乳糖不耐性は、乳糖を含まないミルクに替えたり、

病院で乳糖分解酵素剤を処方してもらうなどの対処で症状が改善されます。

他にも、母乳やミルク以外に果汁の取り過ぎ(特にリンゴジュース)や

ミルクに使う水の成分によるものも考えられます。

ミルクの水に濃度の高い硬水を使うと赤ちゃんのお腹に

負担がかかるので気をつけましょう。

泣く

赤ちゃんの便は色々変化するもので、下痢の症状が長く続く時や

気になる症状がある時は病院へ行きましょう。

赤ちゃんの下痢はよくあるものですが、原因が分からないと不安になるものです。

原因が分かれば対処もできるので安心ですね。

赤ちゃんの下痢とセットのようになる炎症があります。

おむつかぶれです。

おむつかぶれは医学用語で「おむつ皮膚炎」といい、

皮膚に起きた炎症の事をいいます。

原因はおしっこ、大便、蒸れや汗などがあり、とくに下痢は赤ちゃんの

敏感肌には刺激があり過ぎてすぐおむつかぶれを起こしてしまいます。

おむつかぶれを防ぐ方法は肌を清潔にして乾燥させるのが一番です。

でも、おむつをするとどうしても蒸れるし、当然おしっこや大便もします。

かといって、おむつをしないわけにもいけません。

おむつかぶれがひどくて、おむつ替えや入浴時に泣いて暴れる何てことも

よく聞きます。

可哀想だし、おむつかぶれで悩んでいるママも多いです。

病院に行くと塗り薬なんかを処方してくれますが、まれに発疹やかゆみ症状が

出る場合があります。

おむつかぶれがひどい場合は病院に行くことをおすすめしますが、

軽い場合であれば、よいスキンケア製品があります。

「ファムズベビー」というスキンケア製品で赤ちゃんの肌あれに効果があると

口コミで評判になっているものです。

この「ファムズベビー」は母子健康手帳の副読本にも載っているもので、

赤ちゃんの肌トラブルには定評があります。

おむつかぶれはもちろん、アトピー皮膚炎、乾燥肌、乳児湿疹、あせもなどにも

効果があります。

また、ママの化粧下地やパパの髭剃り後など家族で使用できます。

できれば、一家に一つは置いておきたいスキンケア製品です。

お客様の経験談や使用前、使用後の写真もありますので一度ご覧ください。

また、使用して効果が実感されない場合には

28日間の返金保証も付いていますので安心です。

「ファムズベビー」はこちら↓ ↓ ↓