赤ちゃんが熱を出した 冷やしてもいいの? 冷やし方ほどうするの?

病院

赤ちゃんはよく熱を出します。

そのたびにママは心配で仕方ありませんね。

早く熱を下げて楽にさせてあげたいと思いますが、赤ちゃんはまだ

体温調節が上手くできません。

間違ったケアをするとさらに熱を上げてしまうこともあります。

ママは慌てず落ち着いて対処することが大切です。

熱は、免疫システムが正常に働いている証拠なので、

まずは安静にして様子を見るようにしましょう。

39度を超える高熱の場合は病院へ行くことをおすすめしますが、

熱があっても比較的赤ちゃんが元気な様子であれば、ホームケアで

様子をみましょう。

熱があると「おでこ」を冷やしますが、赤ちゃんは「おでこ」を冷やすの

をとても嫌がります。

それに、実は「おでこ」を冷やしてもあまり効果がないようです。

まずは身体にこもった熱を外に逃してあげます。

冷やす場所は、太い血管が通っている首の周りや脇の下足の付け根などです。

そこを冷やすと効率よく全身を冷やすことができます。

しかし、急激に冷やし過ぎると急に体温が下がることがあるので注意しましょう。

赤ちゃん

冷やすタイミングは、熱が上がりきって顔が赤く火照って、汗をかき始めたころです。

冷やす場合は、冷たく絞ったタオルや小さな保冷剤をガーゼに巻いたり、

市販の冷えピタなどを使ってもいいですね。

また、部屋の温度調節も確認します。

暖かすぎず、寒すぎず、乾燥もよくありませんのでエアコンで調節してください。

そして、汗をかいたら蒸しタオルで身体をきれいに拭いて、下着も着替えましょう。

汗をかくと水分が不足するので白湯やミルク、赤ちゃん専用のイオン飲料などで

水分補給をして脱水症状が起こらないようにします。

しばらくは、この繰り返しで様子をみましょう。

熱があっても比較的元気があり、食欲もあればあまり心配はいりません。

赤ちゃんの体温を度々チェックし、体温の変化を記録しておくといいですね。

また、病院へ行く目安は、高熱が続きぐったりとして食欲がない時です。

夜間の発熱で心配な場合は、小児救急電話相談

などを利用してアドバイスも聞いてもいいですね。

赤ちゃんが熱を出したら慌てず落ち着いて、冷やす場所、

タイミングに注意して対処していきましょう。

赤ちゃんは本当に良く熱を上げます。

そんな時、同時にママも体調を崩すこともよくある事です。

慣れない育児や夜泣きによる寝不足など、ほんとうに大変です。

そのため、食事は適当に済ませることもあるようです。

そんな食生活を続けていると、どうしても疲れが抜けずに

体調を崩してしまいます。

また、もし母乳育児をしようとするママならば、質の良い母乳を

出すためには、質の良い食事が大事になってきます。

魚、野菜、納豆などの醗酵食品を中心とした和食が最も良いと

いわれていますがなかなか難しいですよね。

もし、肉やインスタント食品、コンビ二弁当が中心の食事では

野菜不足になりがちです。

そのようなときは、サンスター健康道場の「粉末青汁」がおすすめです。

100%国産野菜使用の5種類の野菜粉末を使用し、1杯で1日分の野菜不足を

補えるからです。

野菜はブロッコリー、ケール、明日葉、大麦若葉、モロヘイヤを使用し、

栄養バランスも優れています。

一度、ご検討してはいかがですか。

「粉末青汁」はこちら ↓ ↓ ↓



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする