赤ちゃんの夜泣きがひどい その対策方法はある?

泣く赤ちゃん

赤ちゃんの夜泣きとは?

赤ちゃんの夜泣きとは、夜中に突然泣き出す事なのですが、

お腹がすいて泣いたり、体調が悪くて泣くのではなく、

「なぜ泣くのか、原因がわからない泣き」の事を言います。

医学的にも夜泣きの原因について解らないのが現状ですし、

研究自体もあまり進んではいない状態です。

ウィキペディアの定義では、

「赤ん坊や幼児が、夜間睡眠中に目を覚まし激しく泣くこと。」とあります。

夜泣きは、生後、6ヶ月から2さい頃まで続くことがあります。

新米ママさんであれば、どう対処して良いか解らないのも

当然です。

でも、○○が原因ではないかという事もありますので、

赤ちゃんの夜泣き対策法として紹介したいと思います。

赤ちゃんの夜泣き対策

こうすれば必ず夜泣きが止むと言う方法はありませんが、

一般的に多い方法としては、次の順番で試してみて下さい。

※ 1番がダメなら2番と言う感じですが、必ずしもこの順番でなくては

ダメということではありません。

また、赤ちゃんの首が座っていない時期は無理をしないでください。

1  静かにする。

2  部屋が明るい場合は暗くする。

3  部屋の温度調節をする。

4 「ママはここにいますよ」と言って添い寝をして背中を優しく「とんとん」してあげる。

5  耳やお腹など体に優しく触れてあげる。

6  抱っこしてあげる。

7 「おっぱい」や「ミルク」をあげる。

8 「おしっこ」や「うんち」をしていないか確かめる。もし、しているようで

あれば、おむつを交換してあげる。

9  おしゃぶりなどを口にくわえさせてあげる。

10 普段、聞きなれている音楽や音を聞かせる。

または、子守唄を唄ってあげる。(子守唄でなくてもよいです)

11 抱っこしながら、部屋の中を歩く。

その時、背中を優しく「とんとん」してあげる。

12 いったん一度起こす。

13 車に乗せる。

他にも、その赤ちゃんが好きな事(ママのひざの上にのせるなど)を

してあげるなどありますので、いろいろ試してください。

その赤ちゃんオリジナルの夜泣き対策方法が見つかるかもしれません。

つぎに夜泣きをしないように生活リズムを整える方法を紹介します。

泣く赤ちゃん

赤ちゃんの生活リズムを整える方法

1 朝は決まった時間に起こして、太陽の光を浴びさせます。

2 できるだけ、決まった時間に「昼寝」をさせましょう。

午前中の何時、午後の何時など、夕方の遅い時間の昼寝は避けましょう。

3 日中、適度な運動をさせましょう。

ベビーカーで散歩なんかも良いです。(運動ではないですが、環境を変えるだけでも良いです)

4 夜更かしをさせない。

最近、家庭の事情でしょうが、赤ちゃんの夜更かしが多いそうです。

夜更かしをすると、生活リズムが狂って夜泣きをする頻度が上がる

そうです。なるべく、夜更かしをさせないようにしましょう。

赤ちゃんの夜泣きが続くとママさんの疲れ、ストレスも溜まってきます。

その時は、パパにも少し協力してもらい、家事も多少サボるくらいのことは

あっても良いと思います。

また、赤ちゃんが昼寝をする時に一緒に昼寝をしたりして、疲れやストレス

を溜めないように子育て頑張ってください。

赤ちゃんの夜泣き対策として開発されたオーガニックハーブティーをご存知ですか?

「すやねむカモミール」という商品名のハーブティーで、海外で昔から

夜泣き対策として飲ませているカモミールを主な原料として、

数十パターンのブレンドを繰り返し、たどり着いたのが「すやねむカモミール」です。

「すやねむカモミール」は赤ちゃんのイライラに働きかけて、気持ちを

リラックスさせてくれるハーブを使用しています。

ノンカフェインで赤ちゃんにもママにもやさしいオーガニックハーブティーです。

赤ちゃんの夜泣き対策にいいですよ。


どうしても夜泣きが泣き止まないときはおんぶして部屋を歩くのも効果があります。

そんな時の便利グッズがnapnap(ナップナップ)の「抱っこひも」です。

napnap(ナップナップ)の「抱っこひも」は安全で使いやすい事で

多くのママさんに支持されています。

成長とともに変化する「泣き方」

赤ちゃんは言葉が話せないので、「泣く」ということで

気持ちを表現するしかありません。

その泣き方も成長するにしたがって変化します。

0~3ヶ月ころ

生まれたばかりの赤ちゃんは、ママの子宮に居るころとは環境が

まったく違います。

そのため、何だか不安になって泣くことがあります。

また、お腹が空いた、おむつが気持ち悪い、眠いなど

すべてを泣くことによってママに知らせます。

対処法としては、お腹が空いたのか?眠いのか?・・・

一つ一つ確認するしかありません。

2~4ヶ月ころ

気が付けばいつも夕方に泣いているという事はありませんか?

お腹が空いているわけでもなく、おむつが気持ち悪いわけでもない、

訳が解らない状態で泣くのが、「黄昏泣き」です。

別名「コリック」「夕暮れ泣き」とも言われていて、世界中のママが悩んでいます。

原因ははっきり解りませんが、昼間の疲れが原因、お腹にガスが溜まって

苦しいなどといわれてます。

対処法としては、抱っこやおんぶをして揺すってあげる、近所を散歩する、

歌を聴かせるなどです。

6ヶ月ころ~2さいころ

この記事のテーマであります、夜泣きです。

また、この頃から夜泣きとは別に日中、ママパパ以外の人を見て(人見知り)で

泣いたり、物音にビックリして泣くこともあります。

日々成長している証拠です。

対処法としては、抱っこやおんぶをして揺すってあげる、

声を掛けてあげるなどです。

また、特に新米ママさんであれば、赤ちゃんの育児について

解らない事だらけで、ストレスも溜まると思いますが、

焦らず根気よく子育て頑張ってください。

この経験も赤ちゃんが大きくなった時の良い思い出に

なると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする