赤ちゃんの夜泣きがひどい よい薬はある?

泣く赤ちゃん

夜中に突然赤ちゃんが泣き出し、なかなか泣き止まないことがあります。

おむつも濡れていないし、お腹もすいていないはずなのになぜなのでしょう。

泣き止むまで抱っこをして、また眠ってしまうこともあれば、寝かしつけたと思ったら

また泣いて、気がつけば朝になっていることもあります。

この症状を夜泣きと言いますが、夜泣きがひどいとママも夜眠れず辛いし、

泣いている赤ちゃんも体力を消耗してしまい、とても辛いものです。

夜泣きは、個人差があり激しい赤ちゃんもいれば、全くない赤ちゃんもいます。

大体生後3か月くらいから始まり長くても1歳半くらいには治まるようですが、

8か月くらいが一番夜泣きで悩む時期のようです。

夜泣きの原因ははっきりしていませんが、何かの不快な症状や

睡眠サイクルの乱れが引き起こしているのかもしれません。

出来るだけ赤ちゃんの生活のリズムを整えてあげるようにしてあげましょう。

授乳

そんな夜泣きの症状を治めてくれる優しいお薬を紹介します。

「宇津救命丸」は、生後3か月から飲むことができます。生薬からできていて

赤ちゃんの体を整えて、体質を強くしてくれます。

市販薬なので薬局やドラッグストアで購入できます。

「樋屋奇応丸」は、約400年の歴史があり、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

これも体調を整えて、神経症を鎮めてくれます。

漢方を使っており、赤ちゃんにも安心です。

「甘麦大棗」は、病院で処方される医療用です。

市販の薬と比べると濃度が2倍ほどあり、効き目が実感できるかもしれません。

甘味のあるお薬で気持ちをリラックスさせて安心感を与えます。

薬もすべての赤ちゃんに効果があるとは限りません。

体質により効果がないこともあります。また、すぐに効果がなくても

1日3回1か月は飲む続けることをおすすめします。

飲ませる場合は、ミクルに混ぜたり、哺乳瓶や乳首の先に

つけて口に含ませるようにします。小さい粒状なので赤ちゃんでも

飲みやすくなっています。

赤ちゃんは思っている以上にママの気持ちが伝わります。

疲れてイライラしていると敏感に感じとり、不安になることもあります。

ママの赤ちゃんもリラックスしてゆっくり休めるといいですね。

「夜泣きには困っているけど、薬は少し怖い」というママには、

香りで「すやすや習慣」を作ってくれるという商品が有ります。

AMOMAの「ベビースリープ」というものです。

「ベビースリープ」はマタニティアロマセラピストが、赤ちゃんの心を

安心させる作用がる精油をブレンドして作ったもので、ママたちにも

香りがいいと大変評判です。

また、実際夜泣きが減ったという声も多数あります。

一度ママたちの口コミを見てみませんか?

「ベビースリープ」はこちら ↓ ↓ ↓



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする